みやびの丘・こどもエコクラブ活動 8月25日

11miyabisakuir.jpg
上の写真は、昨年の9月にこどもたちが設置した防鹿柵である。 まだ、グリーンシーズンであるにもかかわらず、ほとんど植生はなかった。

それが11ヶ月を経た今年の8月。下の写真に見られるように柵内には多様な植物が蘇ってきた。
柵内左側の大木はブナ。ブナの周辺がより緑が多い。
12miyabinetir.jpg

ブナの木の下側に2m*2mの調査区を設ける。隣接する柵外にも同じように調査区を設ける。
西村先生の指導の下、こどもたちも参加して、何が生えているかを調べた。

12miyabisaku.jpg
ササ(スズタケ)の他に、多く芽生えているのはリョウブの稚樹5,6m離れた柵外に親木があるので、そこからの種から、今年の春芽生えたもの。たくさんあり、大きいものは15cm に伸びている。リョウブの稚樹は柵外にも見られるが、数は少なく、5cm 以下のものばかりだ。このことは、5cm 以上に成長するとシカに食べられていることを意味する。その他では、野イチゴ、カエデの稚樹など、22種に及んだ。
12miyabinet.jpg 12miyabinetto0.jpg
こどもたちは、シカに葉っぱを食べられ瀕死のドウダンツツジにもネット巻きを行って、再生活動を行った。
スポンサーサイト
プロフィール

三嶺みんなの会

Author:三嶺みんなの会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR