2013年10月の活動

10月29日 環境教育への協力(大栃小) 

地元の大栃小学校3,4年生とみやびの丘へ。
シカによる樹皮食い被害、糞・足跡・ぬた場などの観察を行いながら山頂へ。
途中ブナの実を拾う。ササ枯れ後、シカが食べない植生に代わったところや裸地化したところを観察。
先生も興味津々で、生徒たちも活発に質問があった。最後にネット巻き体験を行った。

1310katu0.jpg


10月27日 白髪分岐~平和丸へ
 定点写真の撮影、防鹿柵の様子、シカの様子を見に行く。 防鹿柵は、いくつか壊れている。中にはシカが入り込んでササの葉を食い荒らしている柵もあり、応急措置。シカは約10頭を目撃。
1310katu3.jpg
 写真は、平和丸。ササが枯死した後、偏向遷移が進む。


10月20日 子どもエコクラブとみやびの丘へ
ブナの実やミズナラの実(ドングリ)を拾いながら山頂へ
1310katu1.jpg 1310katu2.jpg
山頂の防鹿柵にて、ポットにブナとミズナラの種約50個を播く。


10月16、17日 さおりが原(久万町からの視察と防鹿柵メンテ)
 16日は愛媛県からの視察者を案内。その際、台風の余波で、大木が防鹿柵に倒れ込んでいたのを発見。
翌17日に柵のメンテナンスに出向く。柵内には希少種のマネキグサがあり、貴重な植生保護柵だ。
1310katu6.jpg 1310katu8.jpg
倒れ込んだ木を2箇所チェーンソーで伐り、柵の応急措置を行った。とりあえず、シカは入れない状態まで回復した。


10月12日 白髪山にてボランティア行事
 公募ボランティアを含む99名の参加のもとに、白髪山山頂西稜線部に防鹿柵の設置を行った。
1310katu4.jpg 1310katu5.jpg
この柵は、防鹿柵と言うよりは、シカ捕獲補助柵の性格を持つ。延長約800mの柵を張り、白髪山での銃猟捕獲の際に、退路を絞って捕獲しやすくするものだ。


10月6日 「野生動物学研究会」をさおりが原に案内
1310katu7.jpg
シカ食害と防鹿柵の案内。写真はタヌキの溜め糞の周りに直径1m位いの緑が残っている所を観察中。京大演習林でも同様の現象が見られ、シカがタヌキの糞の臭いを嫌うためのようだ。



スポンサーサイト
プロフィール

三嶺みんなの会

Author:三嶺みんなの会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR