冬季の活動

1月29日 定例会を開催しました。
 主として4月からの次年度活動計画を協議しました。
  メイン活動、その他を含め
   5月18日(日)カヤハゲにて土砂止めのヤシマットの敷設、植生回復の促進。 (予備日24日)
   6月中下旬 公開報告会
   7月 環境ツアー~過去の食害前の写真をもとに、今日の荒廃状況を知ってもらうためのツアー
   10月 白髪分岐周辺での捕獲補助柵設置
   随時 環境教育協力支援、団体等の案内・活動等
      調査活動、定点写真撮影等
      山岳部連携捕獲への協力等 

第7回シンポジウム (1月25日 香美市立中央公民館)
「どう守る三嶺・剣山系の森と水と土―シカ被害対策を考える(7)」を開催

   三嶺・剣山系の森林生態系のシカによる被害は、依然深刻な状況が続いております。
  特にスズタケ等林床植物の枯死以降、樹林内傾斜地は裸地状態となり、崩落や大量の土砂流
   出がおき、流域の水環境の悪化につながっています。
   シンポジウムでは、まずボランティアネットワーク型取り組みの先輩格である南アルプス
   高山帯のシカ問題と取り組みについて学び、そして、第二部ではシカ食害による土砂問題
   に関して、高知大グループの調査研究に基づく報告がありました。
    共通認識を深め、今後の対策の有り様について共に考えています。
   (シンポジウムの「資料集」、ご希望の方は090-4338-5209 依光へ連絡下さい)
 
14sinnpoyama.jpg

会場後部では、写真パネル展も展示。シンポの前後には興味深く見ていただきました。
14sinnpoyamakai.jpg

   14sinnpokiji0.jpg  高知新聞(1月26日)に掲載された記事です。



写真パネル展 1月20日~24日 香美市役所1階ホール
14kamisisyasinntenn0.jpg 14kamisisyasinntenn00.jpg
シンポウムの直前に香美市役所で開催。高知新聞が掲載してくれたこともあって、一般の方々も来場して下さって、そこそこ賑わいました。“たった10年で自然はこう変わる”と同じ場所を対比した写真等を見て、「すごい、こんなになっちゅう」、「さおりが原はきれいやったに、ひどいねー」とかの声も聞かれた。



スポンサーサイト
プロフィール

三嶺みんなの会

Author:三嶺みんなの会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR