7月の活動

7月27日 定例会

議題 1.「公開報告会」(6月27日実施)の総括
    2.秋季活動行事計画 10月3日 カヤハゲ土砂流出地にマット張りを行う
                   10月17日 光石地区にて希少種(クマガイソウ)の防鹿柵設置
    3.管理捕獲について
      (1) 山岳部連携捕獲(みんなの会・登山者団体が勢子役、香美市・猟師が射手、自衛隊・通信安全確保)
        9月27日実施予定(予備日、10月4日)
      ⑵ 香美市の保護区での捕獲 7月26日 白髪山周辺地区で21頭捕獲、との報告
    4.その他情報交換
      特に、三嶺登山道・樹林コースが、崩れが深刻化。一般の方は通れないところや、
            道が分からなくなっている箇所が雨のたびに増加している。土砂流出も激しい。 


7月25日 みやびの丘 ブナの手入れと種袋掛け

みやびの丘東南面は、シカ食害前は背丈を超えるスズタケで覆われていた。シカの群れの進出によって、2008年に枯死し、裸地化が進み、特にブナの樹冠の下は何も生えない状態が続いた。やがて樹冠の外はシカが食べないイワヒメワラビだけがはびこってきた。そこに、2013年5月防鹿柵を設置したところ、わずか2年でうっそうとした植生に覆われた。とくに、ササの復活と同時に、リョウブ、ダケカンバ、ノリウツギなどの木本がたくさん芽生えてきた。
 ここでは、エコクラブのこども達が「ブナの森再生プロジェクト」を行っており、去年、約30本の植栽を行った。その手入れと同時に、今年はブナの実がなっているので、虫が入らないように袋掛けを行った。

157miyabi0.jpg
 うっそうと茂った防鹿柵内の様子だ。

157miyabi1.jpg  157miyabi2.jpg
ブナの苗、順調に育っている。                  ミズナラも数本植えた。

157miyabi3.jpg
今年のブナの実、大粒で立派なものが多い。

157miyabi4.jpg 虫が入らないように袋掛けを行う。


7月20日 こどもエコクラブ活動
 貸切バス1台で、さおりが原に行く予定であったが、雨のため中止。
 その代わり、私(依光)が講師役になって、シカ食害問題のQ&A。みんなが質問し、2時間にも及んだ。
 「シカ以外に人間も悪いのでは?」―食害と人間との関わりの質問は、オオカミを滅ぼした人間、そして生態系の問題に・・・。
 「シカの食べ物と嫌いなもの?」、「大人の自然を守る活動はどんなことをしているか?」等々
2015 720eko
スポンサーサイト
プロフィール

三嶺みんなの会

Author:三嶺みんなの会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR