2016年冬季活動

3月7日 「みんなの会」定例会

1.来年度活動について
 ①春季活動 場所と活動日程 現地検討日~4月2日(土)、雨天予備日4月3日(日)
          さおりが原にて防鹿柵設置等、植生再生活動~5月21日(土)、雨天予備日22日(日)
 ②総会日程とミニ講演~4月9日(土) 香美市立中央公民館 ミニ講演調整中
 ③公開報告会、(夏・秋行事? 調整中)
2.山岳遺産基金・「15年史」・「みんなの会10周年」冊子に関連して
 冊子関連活動予定~「編集委員会」の立ち上げ
  ①山・地域別、時系列写真の整理 (不嗜好遷移を含む)
  ②防鹿柵の検証(グリーンシーズン)
   ササ地・旧ササ地、樹林内 (希少種及び木本等出現種と成長)
  ③土砂流出・崩壊地状況写真・マップづくり
3.その他
 ① 香美市の管理捕獲について
② 剣山地域ニホンジカ被害対策協議会について(3月4日)
③写真パネル展(1月6日~20日香美市役所、2月27日「物部川シンポ」高知工科大)



2月27日 「日本山岳遺産サミット」(山と渓谷社)にて、授与式と三嶺のプレゼン。

 三嶺が「山岳遺産」に認定され、助成金を受けることとなり、来年度に「シカ食害の変遷とみんなの会活動」に関する冊子をまとめることになりました。




2月7日 白髪山池地区へ

 標高1,200m付近で、雪が融けた白髪山の山麓・池地区の様子を見に行く。 
 シカは4頭目撃。他に、警戒鳴き声も聞こえた。
 
 2011年から捕獲が本格化したおかげで、2013年を境に日当たりの良いササ原は、冬でも緑を保つようになった。
下写真で、稜線の右下部分の白っぽいところは2010年頃にシカ食害でササが枯れて、シカに強い他の植物に変わったところだ。
ササ原内に立っている「白い棒」は、シカ食害によって枯れたウラジロモミの白骨化したもの。白髪山での樹木被害は2008年~2011年頃にひどい被害を受けたが、シカの生息数の減少とともに被害木数は減少してきた。
201627siraga1.jpg

だが、ここはシカにとって、最も魅力的な所。減ったとはいえ、この冬に樹木が被害を受けた傷跡やシカのたまり場の痕跡が残されていた。
201627siraga2.jpg     2016227s.jpg




2016年1月23日 第9回シンポジウム

 「みんなの会」発足後、毎年実施しているシンポジウムも9回目を数える。発表内容は「資料集」にまとめ、定点写真解説から、高知大グループによる被害跡地のマット張りの効果、保護区での香美市による捕獲状況等、貴重な記録となって蓄積されている。
 各段階ごとに共通認識を深めるとともに、今後の対策の有り様も検討できるところに意義がある。

2016123sinnpo0.jpg

2016123sinnpo1.jpg


2016年1月6日~20日 写真パネル展

20161tukikiji.jpg

香美市役所1階ロビーにて「写真パネル展」を開催しました(1月6日~1月20日)。
写真パネル展は、2月27日の「物部川シンポ」会場(高知工科大)でも開催します。
 被害状況の展示は、知らない人々にとってはインパクトがあります。
2016120syasinn1.jpg 2016120syasinn2.jpg

スポンサーサイト
プロフィール

三嶺みんなの会

Author:三嶺みんなの会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR