2016年5月の活動

5月21日 春季ボランティア活動

さおりが原の自然再生をめざして、140名のボランティアの参加のもとに実施しました。
防鹿柵設置3か所4班、樹木ネット巻き班3、植樹班1、調査班1、計5班に分かれて実施。
下写真は、現場に向かう樹木保護ネット巻き班(全面的に林床裸地が続く)
2016521katudo1.jpg

伐開地ギャップに防鹿柵を設置(ここは、明るいためイワヒメワラビが出てきたが、元の自然林に再生するための活動だ)
2016521katudo2.jpg
その他の防鹿柵では、希少種マネキグサ柵の拡大をめざしたものなどもある。

2016521katudo3.jpg
ギャップ(明るい空間)にトチの苗(近くのトチの巨樹の種から育てたもの)やブナ、ミズナラ等、約100本を植える。
シカに食べられないようにネットで覆う必要があるため、かなり手間がかかる。

2016521katudo4.jpg
樹木の樹皮食いを防ぐために保護ネットを巻く。最近は、シカの減少とともに新たな樹皮食い被害は減少。

2016521katudo5.jpg
高知大グループによる調査活動。ここは1年前に張った柵内。その奥の灌木群は2008年に張った柵内。溢れんばかりの緑に覆われている。



5月8日 こどもエコクラブとブナの植樹活動
30名の参加のもとに、みやびの丘「ブナの森づくり」を実施。みやびの丘のブナから採った種を育てた苗約80本を植える。

201658ko1.jpg
みんなの会から、ネットへのイボ竹を差し込む方法を教えてもらう。

201658ko2.jpg
散らばって植栽。

2016kodomo111.jpg   201658ko3.jpg
ブナの苗を植える      支柱のイボ竹でネットを固定して完成
スポンサーサイト
プロフィール

三嶺みんなの会

Author:三嶺みんなの会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR