8月の活動

8月29日 みやびの丘にて調査活動

 「みんなの会」高知大グループ(農学部)は、みやびの丘の防鹿柵内外の調査を行いました。
日当たりの良い稜線部なので、植物の成長が著しく旺盛で、2013年5月に柵を設置した時点では全く木本は見られなかった。
それが、わずか3年で、下の写真のようにリョウブを中心にノリウツギ、ダケカンバなどの樹木が1m50cm の高さまで成長している。これは、驚きであった。この柵内に約15本のブナを植えているが、ブナは初期成長が遅いため、未だ30cm程度である。なので、ブナの周りのリョウブやササなどを取り除く作業も行っています。
20160829miyabi1.jpg

                              調査活動の様子です
20160829miyabi3.jpg 20160829miyabi2.jpg



8月22日 さおりが原にて調査活動

 「みんなの会」高知大グループ(理学部)は、さおりが原の防鹿柵内外の調査を行いました。
日当たりの悪い樹林内は、林床の植物の成長は遅く、今年の春設置した柵内は、未だわずかな植生しか見られない。
右側は、以前からの防鹿柵内の様子。マネキグサ等の草花が茂る。
20160822saoriisikawa2.jpg 20160822saoriisikawa1.jpg


8月17日 ショッピングセンターにてシカ食害パネル展の解説

土佐山田ショッピングセンター「バリュー」ノア店及びかがみの店で9月11日まで写真パネル展を実施しています。
 当会への寄付付き商品販売を行ってくれていて、17日は三嶺の森のシカによる被害状況とみんなの会の活動内容について、2店舗で、解説しました。 テレビ高知と香南ケーブルが取材に来てくれていました。
20160817baryu-.jpg


8月11日 こどもエコクラブ活動

香美市こどもエコクラブはさおりが原にて、観察と新たなこども柵を設置しました。

下の写真は、2011年に設置して、近くの大人柵から希少種のマネキグサの種を採取し、まいて育てたものです。
5年めなので、草丈も伸び、小さな可愛いピンクの花もたくさん付けています。
2016811eko1.jpg

観察の後、10m四方くらいの小さなこども柵2を作りました。目的はわずかに生き残っているスズタケの保護・再生です。
2016811eko2.jpg

間伐材の杭とネットで囲い、地面境を杭で止めます。  柵内の生き残りスズタケ約15株を育て元の植生の再生が狙い。
2016811eko3.jpg 2016811eko4.jpg
スポンサーサイト
プロフィール

三嶺みんなの会

Author:三嶺みんなの会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR