2017年9月の活動

9月28日 写真パネル展

 高知ぢばさんセンターにて、CGC(共同、食料展示会)に出展する「土佐山田ショッピングセンター・バリュー」のブースに、寄附付き商品販売を行ったという「地域貢献」の例として、多額の寄付をいただいた「みんなの会」の活動をパネル展示しました。

2017928baryu-syasinn.jpg





9月24日 秋季自然再生ボランティア活動
 参加者は162名(流域3市、高知市等)、一般市民住民、学生及び連携関係にある行政関係者である。
健脚組(140名)は、三嶺・カヤハゲのシカ食害に伴う裸地化部分に、ヤシ繊維マットを敷設しました。
体力に自信のない方々(24名)は、みやびの丘にてブナの苗植栽地を囲むための防鹿柵の設置を行いました。

2017924kayahage0-0.jpg     2017924kayahage1-1.jpg
      マット敷設前の状況です            マット敷設後の左写真・同箇所の様子です

2017924kayahage0-2.jpg    2017924kayahage2.jpg
 たくさんのボランティアの参加によって、広い裸地部分もマットを張り終え、当面ススキ等の植生が根付くことが期待されます

2017924kayahage3.jpg  高知新聞に掲載された活動記事です


下は、みやびの丘班による防鹿柵設置活動の様子です。
2017924miyabi0.jpg





9月6日 「高専サマーセミナー」一同を案内

「高専サマーセミナー」(四国+松江)に「三嶺シカ食害と共生社会を考える」といったテーマで、環境系の先生・学生26名が、現地見学に来てくださいました。タイトな時間の中で、原風景の写真を見せながら、現場(みやびの丘周辺)を見ていただき、森・川・海のつながりの中で、源流域の自然の衰退・生態系や「森の力」の衰退がもたらす環境問題について感じていただけたかと思います。
 なお、急傾斜の裸地や土壌侵食の状況については8月22日掲載の場所に案内。山頂の2013年設置の防鹿柵内外の違いも実感してもらいました。

201796kousenn1.jpg
二次林の中の小さな防鹿柵(ブナ等の苗置き場).1年前に設置したものだが、たった1年で、柵外とは大違い。ササが伸びて高くなり、リョウブの萌芽枝もすくすくと成長。柵外の貧弱なササとリョウブ、草の比較から違いは一目瞭然。

201796kousenn2.jpg
樹皮食いによって、枯れ行くウラジロモミの見学。周りのスズタケは、白髪山周辺で活発に捕獲が行われていることもあって、かろうじて生き延びているが、本来の2 m前後の高さから言えば、貧弱だ。





9月4日 定例会
議題
 1.秋季ボランティア活動と事前調査・準備について
   カヤハゲ(健脚組)とみやびの丘(体力に自信のない者) の状況
   参加申し込み状況、徳島県からの参加呼びかけ(カヤハゲ現場は稜線徳島県側)
   資材運搬方法など
 2.10周年記念シンポジウムについて(12月2日:香美市)
   講演:濱崎信一郎「シカ食害の全国的動向とこれからの管理の在り方」(仮題)等
 3.その他~防鹿柵メンテナンス活動、「冊子」の状況、「高専サマーセミナー」案内、
      バリュー寄付金、香美市「保護区・管理捕獲」について、Hpの有料への移行





9月1日 「バリュー寄付金」:深まる地域連携

シカ食害によって痛んだ物部川源流・三嶺の森の再生を目指して活動する「三嶺の森をまもるみんなの会」には、たくさんの市民・住民がボランティア活動に参加してくださっています。さらに、共感していただいた「土佐山田ショッピングセンター・スーパーバリュー」(石川社長)が寄付付き商品販売を、昨年に引き続き今年も実施してくださり。消費者の方々の理解のもとに多額の寄付をいただきました。8月31日に贈呈式が行われ、その様子を9月1日の高知新聞に掲載されました。源流部の危機に下流部のスーパーと市民が間接的に応援をしていただき、感謝の限りです。
201791kousinn-1.jpg
スポンサーサイト
プロフィール

三嶺みんなの会

Author:三嶺みんなの会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR