2018年5月の活動

5月20日 ボランティア活動
 143名のボランティアの参加のもと、みやびの丘にて3か所(延長計614m)の大型の防鹿柵を設置しました。
アクセスが容易(駐車場から15分~20分)なこと、そして参加者が多いことから、作業は午前中に終えることができることから、午後はみやびの丘及び周辺の山々のシカ食害の変遷に関する話、そして香美市が担当する白髪山での管理捕獲の話をしました。

2018520miyakatudou4.jpg
     みやびの丘山頂にて説明を聞く、参加者たち(一部)。

2018520miyakatudou1.jpg  2018520miyakatudou2.jpg
      防鹿柵設置活動   左:山腹北東斜面    右:山腹西斜面・歩道下

2018520miyakatudou3.jpg
山頂東斜面での活動。  既設(2013年設置)の防鹿柵内はリョウブを中心とする灌木の緑がひしめき合っている。既設柵の下に新たな柵を設置中。

解説(午後)
2018520miyakatudou5.jpg
みやびの丘東面は2008年にシカ食害によってササが枯死。その後、裸地化して一部表土流出、裸地化部分のブナの根も枯死し、樹が衰退しないように対策を講じ、また、2013年に防鹿柵を設置して以降の変化について、記録写真にもとづいて解説した。





5月14日 ボランティア活動の準備

5月20日の「防鹿柵設置・ボランティア活動」の準備を行う。柵設置の邪魔になるササを刈り、倒木などを取り除いた。

2018514miyajyunnbi1.jpg  2018514miyajyunnbi2.jpg





5月13日こどもエコクラブの観察と植樹
 みやびの丘の下部樹林内にて、食害状況(ササ、樹木、糞)などを調べる。ここは元は大人の背丈を超えるササヤブで覆われていたところで、食害によって矮性化したり、樹木も枯死して倒れている様子などを観察。2年前に設置した苗置き場柵内のササが伸びて、柵外との違いを実感して、驚いていた。

2018513kamieko1.jpg  2018513kamieko2.jpg
         シカ食害によって衰退したササや枯死した樹木、糞などの観察を行った。

2018513kamieko4.jpg  2018513kamieko5JPG.jpg
        空間の多いササ枯れ地にミズナラ、トチ、ブナの植樹を行い、ネット囲いを行った。
スポンサーサイト
プロフィール

三嶺みんなの会

Author:三嶺みんなの会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR