さおりが原 & 定例会

9月2日 山は曇り時々雨の中、西熊林道をさおりが原に向かう。この日は、白髪山を中心とする地域で、香美市によるシカ捕獲日。15頭捕獲したそうだ。
12saorisika.jpg
西熊林道の山側で出会ったシカ3頭。普段は静かに逃げるので気づきにくいが、捕獲日は警戒して、ピー、ピーと甲高い警戒音を発するので、どこにいるかすぐ分かる。50mくらい離れていて、じっとこちらの様子をうかがっている。シカの生息地は地面(林床)は砂漠のように荒廃している。

12maneki3.jpg
さおりが原につくと、08年に、希少種のマネキグサ群落を守るために設置した防鹿柵を観察。幸いマネキグサはまだ花を付けて待っててくれた。

林床砂漠の中、花が咲くとどこからともなく昆虫が集まる。ガやマルハナバチがせわしなく花から花へと飛び回り吸蜜と同時に受粉を助けている。  
12maneki1.jpg

下の緑は、08年に設置したササ(スズタケ)の防鹿柵内。今年の春先、倒木で柵が壊れ、全部の葉が食べられていた。柵の補修が早かったこともあって、新芽が伸び、緑が蘇った。
12saorisasa.jpg
 なお、さおりが原周辺では、8~9割の林床は高さ2mを超えるスズタケの藪で覆われていたが、いまでは柵内にしか残っていない。

下の防鹿柵は昨年の11月に、こどもエコクラブの観察用に、間伐材を使用してこどもたちと一緒に作ったものだ。
12saorikodomosaku.jpg
5月に訪ねたときは、柵外手前にケヤキの稚樹がたくさん群生していた。今回は、稚樹のすべてが食べられて無くなっていた。木の葉はシカの大好物の食べ物の一つ、ある程度伸びると食べられるのだ。
 なお、柵内には自然の稚樹の他、こどもたちが種を蒔いたマネキグサが10株以上芽生え、数株はもう花を咲かせていた。  (依光)


定例会の開催(9月3日 18:30~)

 香美市中央公民館にて定例会を次の議題で開催しました。
議題
1.秋行事(防鹿柵設置)について
(1) 10月14日(日) カヤハゲ行事、徳島参加(ラス)
(2)「 三嶺を守る会」行事について

2.情報交換
(1) 最近の山とシカ等の情報~坂本、依光
(2) 香美市による捕獲事業実績と予定
(3) みやびの丘こども用防鹿柵の植生、さおりが原の報告
(4) 県立牧野植物園実施の防鹿柵設置箇所の協力
 (5) 原稿依頼「登山時報」について
 (6) その他
次回 10月4日
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三嶺みんなの会

Author:三嶺みんなの会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR