9月の活動

ブナの森づくりをめざして―ブナの実を採るために
 9月はブナの実がみのりはじめる時期。種をとって苗作りしようと、みやびの丘に何度か通う。みやびの丘には10数本の大小のブナ。ササが枯れた部分にブナを増やし東面を「ブナの森」づくりを目指す。種はたくさんなっているが、落ちている種はすべてシンクイムシの被害。 結局、ブナの種の袋がけで確保を試みる(写真)。

DSC_0025tt.jpg

みやびの丘南面の樹木は、シカ食害によって、モミの大木とダケカンバが枯れ、裸地化・乾燥化のもとブナも枯れるリスクが高まった。その手当と同時に、次世代を育てるためにブナの苗づくりが必要になっている。
13miyaDSC_0050tt.jpg
 ここは、うっそうとしたササ原と樹木の緑に覆われていた。2008年頃からのシカ食害によってササは枯れ、シカが食べないイワヒメワラビに変わり、樹木も少しずつ枯れている。



定例会(9月30日)
1.10月12日 白髪山行事について
2.西熊・管理捕獲について
3.その他
 (1) 10月6日見学会・グループ柵(さおりが原)
 (2)モニタリング
 (3)「みやびの丘」ブナの種子採取
 (4)その他情報交換について


「連携捕獲」会議への参加(9月21日)
 三嶺・西熊山の山岳からフスベヨリ谷にかけての「捕獲空白域」において、「三嶺の森をまもるみんなの会」、登山団体が勢子役となって、上からフスベヨリ谷にシカを追い落とし、谷で待つ射手(香美市の猟師)が撃つというやり方。困難とリスクが伴うため、「通信・連絡員」をおいて、実施するやり方を検討中。


定例会(9月4日)
次の議題で開催しました。
1.10月行事について
2.来年度行事・山現場活動について   
3.西熊・捕獲計画について
4.その他
(1)学会・案内について +αグループ
(2)「シカ対策と狩猟の講演会」(上野真由美)について
 (3)その他情報交換
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三嶺みんなの会

Author:三嶺みんなの会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR