2018年4月の活動

4月29日 樹木等被害調査(白髪山にて)
 例年実施している白髪山での樹皮食い調査。場所は、①登山口近くのヒノキ・ウラジロモミ樹林、②中腹の登山道際樹林、③山頂周辺樹林の3地点での、新しく樹皮食いされた樹木の本数を数えるという、単純な方法である2009年に始めて10年目。2010年前後は、毎年700本前後の被害。それが、2011年から白髪山での捕獲が始まったことにより、2013年以降は70本程度の被害に大幅に減少し、今年は①地点で22本にとどまった。ササ原も葉食いで春先は茶色・獣道多数という状況であった。それが、捕獲の効果(シカの減少)によって、樹木被害と同様に2013年を画期に、ササ原は回復に向かい、今では春先でも中上部は緑を保っている。
2018429siraga1-1.jpg
①地点の被害状況 ウラジロモミの新たな樹皮食いが見られる。周辺の樹木の多くも過去に樹皮食いされ、枯死している。

2018429siraga1-2.jpg
①地点に隣接しているササ原は、葉が多く食べられている。ただし、夏には新芽が伸びて、新たな葉が展開して回復する。





4月25日 モニタリング調査(さおりが原にて)
 2008年に設置したさおりが原のマネキグサ等の防鹿柵内外の「永久方形区」での植生の変化の調査(高知大グループ)の様子です。写真は、柵内のマネキグサが芽生え、これから茎が伸びて、夏に花を咲かせる。
20180425monitarinngu1.jpg

20180425monitarinngu2.jpg 柵外の様子。1昨年に柵を設置したので、植生が少し展開。





4月14日 総会・定例会&「ミニ講演会」

 総会・定例会に引き続き、ミニ講演会「四国(三嶺・剣山地)のツキノワグマ」を開催しました。
講師は、山田孝樹(四国自然史科学研究センター)さん。
シカは増えすぎて、自然林等に多大な被害を与えてきたが、剣山地のツキノワグマは地域個体群としては、
全国的に見てもっとも絶滅に瀕する種。50頭以下と、数が少ないこともあって、遺伝的多様性に劣る。
捕獲して、GPSをつけ、追跡調査、行動圏はかなり広い等、スライド・動画、によってわかりやすく解説いただいた。
DSC01503 (500x247)

DSC01504 (500x217)

DSC01514 (500x395)
4月29日 樹木被害調査(白髪山にて)
 例年、4月に実施している白髪山での樹木被害状況調査 : 下部樹林(ヒノキとウラジロモミ林)、中腹にかけての登山道樹林、山頂周辺の樹林の3地点。過去、最高は約700本の被害(2010年前後)、。管理捕獲が進んだ2015年頃は約70本。今年は、新たな被害は22本で、過去最少。それだけ、シカの生息密度は減少してきたことを意味する。

2018429siraga1-1.jpg
下部樹林帯の被害:写真で茶褐色の1本のウラジロモミの樹皮食い被害は今年の被害。その他は、去年及びそれ以前に樹皮食いされて枯死しているもの。

2018429siraga1-2.jpg
下部樹林に隣接しているササ原の葉は、多く食べられている。ただ、シカが減っているだけに、夏には新芽が伸びて回復する。


4月25日 モニタリング調査(さおりが原にて)

20180425monitarinngu1.jpg


20180425monitarinngu2.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三嶺みんなの会

Author:三嶺みんなの会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR